読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べすとえふぉーと

プログラミング等のノート 

アルゴリズム構築 トップダウン方式

オライリーの[初めてのコンピュータサイエンス]より、メモとして

1行に1命令を書き出す

#リストLに含まれるもっとも小さな2つの値の添字をタプルで返す
def find_two_smallest(L):
    #Lの最小値の添字を探す
    #リストからその要素を削除
    #リストの新しい最小値の添字を探す
    #2個の添字を返す

コードを書く

def find_two_smallest(L):
    #Lの最小値の添字を探す
    smallest_index = min(L)
    min1 = L.index(smallest_index)
    #リストからその要素を削除
    L.remove(smallest_index)
    #リストの新しい最小値の添字を探す
    next_smallest_index = min(L)
    min2 = L.index(next_smallest_index)
    #2個の添字を返す
    return(min1,min2)

不足要件があれば追加する

def find_two_smallest(L):

    #Lの最小値の添字を探す
    smallest_index = min(L)
    min1 = L.index(smallest_index)
    #リストからその要素を削除
    L.remove(smallest_index)
    #リストの新しい最小値の添字を探す
    next_smallest_index = min(L)
    min2 = L.index(next_smallest_index)
    #最初に削除したものを戻す(追加)
    L.insert(min1,smallest_index)
    #戻した最初のIndexが2番目より前であれば+1して正しいIndexをセット(追加)
    if min1 <= min2:
        min2 += 1
    #2個の添字を返す
    return(min1,min2)

全体はこんな感じ

# -*- coding: utf-8 -*-

#リストLに含まれるもっとも小さな2つの値の添字をタプルで返す
def find_two_smallest(L):

    #Lの最小値の添字を探す
    smallest_index = min(L)
    min1 = L.index(smallest_index)
    #リストからその要素を削除
    L.remove(smallest_index)
    #リストの新しい最小値の添字を探す
    next_smallest_index = min(L)
    min2 = L.index(next_smallest_index)
    #最初に削除したものを戻す(追加)
    L.insert(min1,smallest_index)
    #戻した最初のIndexが2番目より前であれば+1して正しいIndexをセット(追加)
    if min1 <= min2:
        min2 += 1
    #2個の添字を返す
    return(min1,min2)

arr = [1,6,2,3]
print (find_two_smallest(arr))